従業員満足度調査を外部委託するメリットを考える

従業員満足度調査を外部委託するメリットを考える

男女

従業員満足度調査を行なうワケ

組織が大きくなると経営サイドと従業員との間に温度差が生まれ、会社のビジョンが従業員に認知されず、現場の声が届かない等の問題が生じます。組織が拡大したことが原因となり、経営層と現場との間でコミュニケーション不足が生じている状態です。そこで、従業員満足度調査を実施することで、組織の問題や課題を浮き彫りにし、組織が機能不全となる前に改善策を講じていきます。組織の問題は社員に質問して、初めて分かることが多く、課題を見える化する点に意義があります。

オフィス

行なうことで得られるメリット

組織の課題が明らかになり、機能不全を解消します。その結果、管理者層がリーダーシップを発揮できる管理レベルの維持が可能となり、組織運営が円滑になるメリットがあります。また、従業員満足度調査を実施することで、経営層が社員のことを思い量ってくれるといった社員向けのアピールにもなります。社員の組織に対する帰属意識を高める効果があります。さらに社員の感じている問題点が解消されますので、働きやすい職場環境となることが期待できます。

婦人

専門業者に依頼した際に必要となる費用の平均相場

従業員満足度調査を外部に依頼した場合には、費用がどれくらいになるのか平均相場を知りたい方のために、モデルケースを見ていきたいと思います。インターネット調査を基本として、内訳には初回費用、調査費用、分析費用の3つがあります。初回費用は会社によっては、請求される場合があります。また、分析費用は別オプションとなります。調査費用は、数万円程度から50万円の間が平均相場となります。調査費用は、調査対象人数によって料金が分けられているものや、一律定額料金ものまであります。

従業員満足度調査を外部へ委託する場合と会社で行う場合の違いについて

調査項目の設計が難しい

社員の本音を引き出すための、調査項目は一朝一夕に作れません。偏りなく回答に影響を与えない質問を作成にするためには、外部機関の助けが必要となります。

分析するノウハウの確立

社員の回答を定量的に分析するだけでなく、蓄積したノウハウをベースに個別インタビューの実施し、背景にある要因分析が可能なのは外部機関ならではの手法です。