企業が新入社員研修を行なう理由について考える

企業が新入社員研修を行なう理由について考える

男性と女性

新人社員研修を行なう目的

社会人経験のない新入社員に対して、ビジネスマンとして修得しておくべきマナーや、最低限のビジネススキルを修得してもらうことが第一の目的です。企業イメージを損なうことのないように、社内外の者に対して常識的な行動がとれるようになることを目指します。また会社自体の理解を深めたり、事業目的について深く理解することも大切です。自分が何のために働くのかを明確に理解し、セルフモチベーションを高めることに寄与します。

男女

新人社員研修にも様々な種類がある

企業が実施する新入社員研修は、その目的によっていくつかの種類に分けることができます。新社会人として最初に修得したいビジネスマナーの研修を通じて、相手に失礼とならいない最低限の作法のマスターを目的とするものです。また、経営側の職制との対話機会を研修の一環として実施すると、企業理念を知り会社の一員としての自覚を促すことにつながります。さらに、コミュニケーション能力をアップさせることを目的として、グループ研修を実施することも効果的です。

セミナーや研修を選ぶ時に気をつけるポイント

研修会社の実績を知ること

その研修会社が、いままでにどんな研修を実施してきたのか、過去の実績を評価すること、及び多くの企業の研修を手がけているか等をチェックします。また、講師陣のラインナップを知ることも大切でしょう。

研修プログラムの内容と質

研修会社には得意分野がありますので、各会社の特徴や、研修内容の質を把握しておくことが大切です。研修タイトルが同一でも、会社によって内容が違うということもありますので、内容を詳細に吟味したいところです。

会社の方針と適合しているか

研修会社が提供する研修メニューの内容が、自社の人材教育の方針やニーズに合致しているか、しっかりと検討する必要があります。アウトソーシングを成功させるカギとなりますので、慎重に検討しましょう。

優秀な講師であるかをチェック

見込みのある研修会社には、得意分野を担当するスター講師とされる方もいますので、どんな講師が担当するのか、評判を調べることが大切です。また小さな会社であっても優秀な存在しますので要チェックです。

第三者からの口コミや評判

他の企業が利用した研修会社について、パイプがあれば担当者から直接話を聞くことも効果的です。また、ネット上に公開されている、評判や口コミ情報をチェックすることも有用でしょう。