社員教育を効率よく行なう鍵はアウトソーシングにあり!

社員教育の必要性

新入社員として入社してから、時間の経過とともに規範意識が薄れていき、現状に満足し、気が緩むことになります。企業利益の側面から見て、損失が大きいと考えられますので、継続的な社員教育が必要となります。

企業に人気の社員教育研修ランキングベスト3

男の人
no.1

ビジネスマナーを身につける

外部講師を活用して緊張感のある環境で、ビジネスマナーをしっかりと修得することができます。言葉使いや常識的な対応ができることは、会社の印象や信頼性に直結しますので重要です。

no.2

業界知識を習得するための外部講座

保険や金融など会社が主たる業務とする業界知識を、一から教えるのは大変労力がかかります。そこで、体系化された外部の講座を利用することで、効率的に知識の修得を促せます。

no.3

eラーニングでパソコンスキルをアップ

eラーニングを導入することで、いつでもどこでも研修できる環境を社員に提供することができます。教育にかける費用を削減するとともに、研修業務の効率化を推進することができます。

社員教育を効率よく行なう鍵はアウトソーシングにあり!

男女

社員教育を行なうタイミング

社員教育は継続的に行っていくことが企業の利益を伸ばしていくことにつながります。社員のステージに応じてタイミングよく、適切な教育メニューを提示することが大切です。新入社員ならばビジネススキルを高めるためのマナー研修などを、中堅社員ならば専門性のある実践的な内容を修得するためのコーチング研究が適しています。

バス

必要な期間の平均日数

新入社員教育にかける日数は、ほぼ1~3ヶ月とみることができますが、一般職種よりも技術系職種の方が長くなる傾向があります。最初の1ヶ月程度で、会社における基本的なマナーやビジネススキルを学んでいきます。ただし、会社によっては短期で研修を終えて、実際の仕事をこなすことで社員のスキルアップを図ろうとするところもあります。

女性

社員教育を行なう上で気をつけるポイント

自社で全てをまかなうのではなく、外部の知識やノウハウを持つ研修機関を有効に活用することが望ましいと言えます。教育担当者の労力を軽減し、自社にないスキルを学ぶ機会を提供可能。そして、社員のさらなる成長を期待できるます。効率的に実施するためには、自社の研修内容とアウトソーシングする対象を見極めることが重要なポイントなります。

計画的に行うことが大事

社員教育によって人材を育成することは、会社の利益を増やす活動の一環と捉えることができます。したがって、長期に渡る効果的な研修計画とプログラムを策定し、計画的に実施していくことが大切です。