社員教育の制度について

企業イメージの改善や体外的な信頼を得るためには、職場内外における社員の行動を規律する必要があります。企業は社員教育制度により、社員の日常のビジネスマナーや規範意識を高めることが大切です。

新入社員研修で行われている研修とセミナーの違いとは?

セミナーは自由意志で参加する

自己研鑚や能力開発を意図して参加する講習会。業務に直接関係がなくても興味があるものに積極的に参加するイメージがあります。

研修は義務付けられているもの

業務の一環として実施される勉強会であり、会社から義務付けられていることが多いく、半ば参加が強制されていることが多いと言えます。

社員教育研修や従業員満足度調査を取り入れるメリット

男性

新入社員研修に参加するための方法

入社するとすぐに新入社員研修の案内がありますが、まずどんな研修なのかを事前に確認することが大切です。外部セミナーなのか、社内で実施されるワークショップなのか等、様々な形態がありますので、あらかじめ想定しておくこと良いでしょう。心構えとしては、勉強会に参加するという受け身の姿勢ではなく、業務の一環であると捉え、自らの長所をアピールしていくことが大切です。

男女

社員教育を効率的に行うために大切なポイント

社員教育に携わる担当者のマンパワーには限界があり、社員教育を効率化することが必要です。そのためには、全てを社内で実施するのではなく、積極的に外部の力を活用することが大切です。社内で実施するものと、アウトソーシング化するものを切り分けることがポイント。一般に、教育方法がすでに確立している基本的なスキルや知識修得が対象となります。

従業員満足度調査を実施した企業の声

男性と女性

社員が望むものが明確になった

経営側が与えているものと、社員が望むものとのギャップを明確に認識することができ、企業風土を変革するきっかけが掴めました。想像もつかなかった福利厚生サービスを始めるなど、社員の満足度につなげています。

調査結果を顧客満足へつなげる

顧客満足に繋げるためには、従業員が現在の職務や職場環境に満足しているかを知ることが大切です。そこで、経営サイドと従業員の間の考え方に、ギャップが生じていないかをチェックする良い機会となっています。

社員と向き合うチャンスになる

経営が掲げる理念は、社員にしっかり伝わっているのだろうかという疑問を払拭してくれます。また、社員の声をしっかりと拾い上げ、組織の改善に役立てることができるようになったのは大きな収穫です。

継続的な改善の指針となる

調査結果を分析し、職場環境の改善に役立てることができることができました。時として判断に迷っても、専門家のアドバイスを受けることができ、今後の改善の指針を見失わずに済むので助かります。

経営改革の第一歩になる

巧みな質問方法で社員の率直な意見を引き出すことができています。社員目線での組織の現状を把握できるので、いままで見えていなかったものが発見できたり、組織の変化を読み取り変革の一助とできます。